ごじゃっぺ高座 ごじゃっぺミーハー巡り
  • 0287-65-2830
  • 〒329-3153
    栃木県那須塩原市大原間403-6
    那須塩原駅東口徒歩3分
  • 診療
    時間
    日祝
    9:00

    13:00
    14:30

    18:00
    ※土曜日の診察時間は17:00までとなります。
    ※木曜日は不定休です。
  • 設備
    駐車場4台完備
    車いすの患者様スロープ完備

ごじゃっぺ高座

余ったカレンダー

  • 2020年01月13日

 毎年のことだが、カレンダーがたくさん余っている。もう使うカレンダーは決まっている。使わないのはでっかい着物姿の女性が写っており、その下に小さくカレンダー。見づらい。近所の山内自動車から頂くカレンダーは数字がでっかく、書くスペースもたっぷりあり、重宝している。

 拙宅では余ったカレンダーはほとぼりが冷めたら、保育園に寄贈。裏にお絵かき等の練習用紙にしてもらっている。余り早く持っていくと関係者の目に留まり、チトマズイので、、、

 昔、親戚の家に行ったら、壁中にもらったカレンダーが貼ってあった。義理堅い。またある親戚へ行ったら、2か月前のカレンダーだった。気になるなあ。家のものは空気みたいもので見ないんだなあ。私もいつ気が付くんだろうと教えもしなかった。

お帰り寅さん!!!

  • 2020年01月03日

 「男はつらいよ」の大ファン。50作目が封切り。さっそく那須フォーラムで見てきた。行った日は12月30日(月) 朝9時15分上映開始。9時前に到着。入り口から客がはみ出てすごい列。そして雨模様。こりゃ一杯と思った。ネット予約しておいたので並ばずに入れた。さて、寅さんの上映場所は、、、、閑古鳥。都内で暮らしていたその昔、上映したときは、劇場は超満員だった。そのイメージがあり、隔世の感。客層は私と同じかその上か、、、、

 満男の奥さんの7回忌法要から映画は始まった。「くるまや」も変わって今ではカフェとか。当時から働いていた三平さんが店長。博とさくらはその家に住んでいた。ということは前の家は売ったのかな。泉ちゃんが出演。40代の顔。相変わらず美人。リリーさんも出るし、、、最後の方はホロッと来たなあ。山田洋次監督もにくい演出。後は劇場で、、、、そうそう別の上映場では「カツベン」をやっていた。それも見なくちゃ、、、

 渥美清ファンとしては2回本物を見た。昭和50年ごろ、国立演芸場小ホールで上方落語の会。玉置宏といっしょに聴きに来たっけ。新宿の松竹映画館。封切りの時、山田洋次といっしょに後の席で見ていた。ただ、その席は知らずに座った客が後から、二人に譲ってほしいと映画館サイドから云われたようで、無理やりどかされて頭に来たらしく、上映中怒鳴っていたなあ。気持ちはわかるが、察してほしかった。お墓参りもさせてもらった。新宿にあるお寺。質素な墓石。

 

知らないということは、、、

  • 2019年12月31日

 先頃、宇都宮で母校同窓会栃木支部総会が開かれた。大学からは学長が出席。私は支部長なので、ずっと学長といっしょにいた。学生時代はまだ講師ぐらいだったと記憶しているが、まあ、当時からお互いのことは知っていた。その学長は大宮駅近くに住んでいる。宇都宮まで30分で来れるので楽と云っていた。また今年から配属になった歯科医師会館となりの診療所勤務の障害者歯科専門の先生と話す機会があった。その先生も大宮駅の二つ手前の駅から乗車するとか。同じように30分くらいで着くので楽とか、、、

 それを聞いてイマイチホンマかいなと思ってしまった。だって私は那須塩原から新幹線をよく利用している。もっと時間がかかるはず。しかしハタと気が付いた。大宮から乗る先生は途中小山は止まらない新幹線を利用している。私が何時も乗る新幹線は各駅。どうも各駅の感覚で考えていた。反省。

 というわけで今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。

川柳を勉強しろってことね

  • 2019年12月30日

 自慢ではないが、、、自慢かな。業界川柳では入選の常連。そのつどクオカードが送られてくる。でも他の入選者の川柳を見ても、どんぐりの背比べ。要するにレベルが私も含めて低い。先ごろさっぱり入選しない。というわけである同業者が私にシルバー川柳の本をプレゼントしてくれた。それも3冊。立ち読みはチラッとしてるが、まとめて読んだのは初めて。それも一ページに一句。大きな字。すぐ読める。有名なのは「アーンして 昔ラブラブ 今介護」 それともう一つ、御教訓カレンダーなるものもいっしょにプレゼント。これも本屋でチラッと立ち読みしたくらい。ちゃんとお令和したの? 元号だして行こう!

 この同業者、待合室にこのシルバー川柳の本、そして御教訓カレンダーを置いてあるとのこと。やられたなあ。

体質は変わらないなあ

  • 2019年12月29日

 一昔前、飛び込み営業の電話屋と契約をしてしまった。まあ、自分が世間知らずということ。考えておいてほしいと云われ、電話が来たので、よろしくと云ったら、じゃあ今日行きますからと、、、、そして見積もり。ちょうど実家でNTTの電話を入れた。当院と同じような電話配置、見積もりをFAXで送ってもらった。極端に安い。飛び込み営業に契約をするとき、その実家の見積もりを見せたら、参ったなあと云って、その場で7万近く値引き。それで契約。後で知り合いに聞いたらもっと安くなったかもと、、、そして設置してもらった。ほどなくしてその会社は倒産。そうか、早く売りたいために、飛び込み営業、そして高く売ったわけだ。それ以来、もうその電話屋には不信感。

 数年前、その電話屋から電話のその後の状態を調べたいと電話。女性がいうには、その会社は吸収合併して別の名前とか。その検査は決まりなのかと聞いたら、決まりですと答えた。本当かと聞き返したら、じゃあいいですとそれで終わり。

 先ごろ、また突然電話。家人が出たが、院長に代わってほしいとのこと。大事な話なので、、、で、私が出たら、調度明日のこの時間、社員が近くを回っているので、伺いたい。つきましては、電話の状態を調べたい、、、オイオイ、そんな内容は院長でないと話は出来ないのかと聞いたら、契約者だからと云われた。そこで益々不信感。新しい電話を買わせたいのかと聞いたら、違います。検査ですということでじゃあお願いしますと答えた。電話屋の都合で強引に約束させられたわけだ。私も人がいいなあ。で、次の日やってきた。この時は家人が対応。ウチはお宅からは電話は買わないようですと云ったら、がっかりして、新機種のパンフレットを置いて帰って行った。オイオイ、検査はどうしたんだよ。

周防正行監督 「カツベン」 近日公開

  • 2019年12月07日

 先日の「酒場放浪記」で4番目の画面。昨年12月に放送された亀有。そこで居酒屋へ行く前に、寄り道。場所は「活動弁士」の小屋。活弁士はなんと近所の自動車修理工場の長女の奈々ちゃん。昨年も見たし、たしか年またぎ酒場放浪記でも紹介された。なんと、上記の映画に出演とのこと。近所から映画スターがでるとは、、、チト大げさかな。

 その奈々ちゃん。先ごろ豪華クルーズで公演をしたとか。同行したのは妹の桃ちゃん。桃ちゃんは途中で下船したとのことだが、いったいどういう人が乗っているんだろう。と思ったら地元の方が居てびっくり。こんなど田舎にも金持ちはいるんだ。

 

がっくり肩を落として、、、

  • 2019年12月03日

 電話帳に載せる広告契約を取りに来た社員。地図といっしょに大きな広告を載せる。すっかり忘れていたが、当院も3年前に契約し、載せてもらった。同業者が多い。でも3年間でかなりの額。そして費用効果となると、、、、というわけで今回は中止。そしたらその社員、じゃあ、次回宜しくお願いします。お邪魔しました、、、と云って帰ると思ったら、そのまま振り向いてがっくり肩を落として黙って出て行った。オイオイ。何を考えているんだよ。受付もびっくり。

 かなりの額の広告がそんなに簡単に契約が取れると思っていたのかしら。考えが甘っちょろい。歯医者は黙ってすぐ契約するとでも思っているのかしら。

ワンパターン応対

  • 2019年11月18日

 久しぶりに飯田橋駅の水道橋よりの出口で降りた。時間潰しに改札を出てすぐ左のロッテリア、、、アレレ、名前がかわっている。まあいいか。店内に入った。1時半だというのにガラガラ。カウンターへ行ってコーヒーを注文しようとしたら、厨房でポテトフライを揚げているアンちゃんが私の顔をを見て、「並んでお待ちください、、、、、、」オイオイ、いったいどこへ並ぶんだよう。だって客は私一人だよ、、、、そのうちにやってきてコーヒーの注文。おかしいと思わないのかなあ。

 以前誰かが云っていたが、マクドナルドへ女子社員が頼まれてハンバーグ20個の注文。すかさず店員がここでお召し上がりですかだって、、、一人で20個も食べると思っているのかしら、、、

 とにかくワンパターン応対。

藤原紀香とすれ違った!!

  • 2019年09月25日

 京都南座で歌舞伎「四谷怪談」観劇。席は3階席。終わって階段で降りたら、上がってくる大柄な着物姿の女性とすれ違った。藤原紀香だよ。綺麗だなあ。そしてデカいなあ。あとから10人くらいぞろぞろ上がってきたがおつきの方かしら、、、片岡愛之助といっしょにご贔屓筋に挨拶をするのかしら、、、で、終わったらどこへ行くんだろう。まあ、大きなお世話だが、、、

 四谷怪談は4時半から8時半まで。途中5時半から30分の休憩。客たちはいっせいに食事。レレレ。そうか、そういった時間を知っているのか。そしてその中身を見たら、皆さん高級弁当。特上鮨。歌舞伎座では安い弁当なんて食べないんだ。何人かはコンビニで買ったようなおむすび。それを見て何だかホッとした。

 この劇場は昨年が杮落し。タイミングよくその時期にいったが、もう売り切れ。で今年になった。行く前に祇園界隈を散策。賑わっていたなあ。着物姿の方たちもよく見かけた。皆外国人だ。

DSC_0839

DSC_0841

DSC_0843

DSC_0847

DSC_0852

MGCを目の前で見た

  • 2019年09月21日

 この略語でいいのかしら。偶然にも泊ったホテルの前を通過。マラソンがこのコースとは前日のチェックインのとき、フロントの方から聞いた。スタート地点からすぐなので、ヨーイドンとなったら、応援に行くことにした。テレビを見ていていよいよスタート。私と同じことを考えている方もいて、同じエレベーターで一階へ降りた。

 テレビではもう応援でぎっしりの場所を映していたが、当地はパラパラ。10分ぐらいしてまず車、そして一人早い方。その後に集団。女子は20分遅れのスタート。

 トータルで2時間半ぐらいなので、戻って部屋でテレビ観戦。そしてまた通るころエレベーターで一階。先ほどの方とまたいっしょ。同じことを考えているんだ。さて、先頭は、、、アレレ、テレビで見たときと違う。降りてきたときに抜かされたんだ、、、

 このマラソンは賞味2時間半で終わるので応援が楽だと思う。これが市民マラソンとなると応援も長時間。まあ好き好きだが、、、、

ランナーの方、大会役員、ボランティアの方お疲れ様でした。