ごじゃっぺ高座 ごじゃっぺミーハー巡り
  • 0287-65-2830
  • 〒329-3153
    栃木県那須塩原市大原間403-6
    那須塩原駅東口徒歩3分
  • 診療
    時間
    日祝
    9:00

    13:00
    14:30

    18:00
    ※土曜日の診察時間は17:00までとなります。
    ※木曜日は不定休です。
  • 設備
    駐車場4台完備
    車いすの患者様スロープ完備

ごじゃっぺ高座

那須高原クリニックと那須塩原クリニック

  • 2018年09月12日

 那須高原クリニックの整形外科で採血。そのあとアスレチックのあるナスパへ行った。ナスパは隣の那須塩原クリニックが経営している。

 ナスパの看板をマジマジと見たら那須高原クリニックとなっている。アレレ。同じ名前じゃん。近くでもないが、同じ名前のクリニックとは知らなかった。その割にはあまり騒がないなあ。私はナスパと呼んでいるので、恥ずかしながら受付のお姉さんに正式名称は何ですかと聞いたら、那須塩原クリニックと答えてくれた。外へ行って看板を見たら、確かに那須塩原クリニックとなっていた。先入観で那須高原と読んでいた。受付曰く、開業20年だが、よく間違えてくる方がいるとか。自身のそそっかしさに呆れる。

 そして、また近所に整形外科が出来た。この近所に整形外科が3件ある。市内にも整形外科が多い。

 歯医者も多いけど、医者も大変、、、っていう噂は聞かないなあ。

 

変態望遠鏡

  • 2018年09月11日

 天体望遠鏡なるものをテレビのニュースで取り上げていた。それを見て、ふと上記のことを思い出した。私の知り合いで、タワーマンションというほどでもないが、8階に住んでいる者がいる。その裏手には神田川があり、その向こう岸には都内では珍しい森林。そこに珍しい鳥がやってくる。その友人はその鳥が見たくて、子どもの天体望遠鏡を出して、窓からのぞいていたそうだ。その森林の奥には高級住宅地。本人は鳥を探していたが、それを見ていた娘が親父に上記のことを云ったそうだ。

 座布団一枚。

これってセクハラ?

  • 2018年09月10日

 アスレチックの更衣室で着替えていると女性従業員が失礼しますと云って入ってきてロッカーの掃除。オイオイ、開店前にやれよとアスレチックに投書したら、しばらくなかった。5年くらい前の話。

 私も過去にいくつかのアスレチックに通ったことがある。でも営業中に更衣室の掃除なんて聞いたことがない。廊下、ジム等なら許せるけどね。着替えの場所ってデリケートなところじゃないかしら。男性だっていやだよ。でも一時間おきに更衣室の掃除をするんなら協力もするが、どう見ても一日一回。だったら営業前にやれよと云いたい。以前更衣室の掃除に来た従業員に注意したら、午前中は掃除となっているのでと云われてた。じゃあ我慢しろという訳ねと言い返したら、すみませんと云って出て行ったことがある。これは従業員より、上の責任者に云った方がよかったかもね。その従業員はいい迷惑。反省しています。

 先ごろ、誰も居ない更衣室で着替えていたら、失礼しますと云って従業員が入ってきて、掃除道具を持っていった。久しぶりだったので呆気にとられた。まあ、これくらい許せるか、、、

 当地には温泉がいくつもあり、私も休みの日など行って入ってくる。先ごろ二つの温泉に入って相次いでびっくりしたことがある。男湯に女性従業員は入って来て、風呂おけの整理や温度を計ったりして、、、、だって、男湯なので、むさ苦しい男どもは入っているし、洗い場をブラブラしている輩もいる。私は思わず胸に手を当てた、、、、ってことはなかったけど、男湯は男性従業員でもいいんじゃないかしら。

 そこで思ったこと。セクハラは女性の特権ではない。

ミノルフォン頭を垂れる稲穂かな

  • 2018年09月07日

 先ごろ、田んぼの近くをウォーキングしていたら、稲に実がなっていた。そろそろ稲刈りシーズンになるのかしら。そうなると農家が多い当地では、また患者さんが減るのかしら、、、、

 私の地元、信州では、その昔、私の子ども時代は稲刈り休みというのがあった。もう一つ、田植え休み、あとは寒い時期にある寒中休み。今はないようだ。でも当欄では何度も書いているが合計をしても年間の休みが都会より少ない。

 ふと脳裏に浮かんだことわざ。ミノルフォンレコードは私が小さいとき、テレビでミノルフォンヒットパレードなるものをやっており、山本リンダがよく歌っていた。その歌謡ショーに出演した歌手だが山本リンダ以外は知らない人ばかり。

 ネットで調べたら、ミノルフォンにはけっこう有名な歌手が在籍しているようだ。そしてそのミノルフォンの語源だが、実るほど、、ということわざから取ったと思ったら、当時の社長遠藤実から名前を取ってレーベルにしたとのこと。

どうぞごゆっくり

  • 2018年08月18日

 あるビジネスホテルの従業員のいった言葉。数か月前に経営者が変わり、全面リニューアルとのこと。拙宅の車のカーナビにも載っていなかったホテル。従業員は皆さん親切。

 さて、チェックアウトした時、フロントの女性が、無料コーヒーがあるので飲まないかと云った。さっそくコーヒーを注文。どうぞごゆっくりと云って持ってきた。次にまたチェックアウトする親子連れ。子供に牛乳を飲まないかと云って、フロントの奥から牛乳を持ってきた。親にはコーヒー。そして定番の言葉。「どうぞごゆっくり」 私が飲み終えて、ごちそうさまと玄関を出て行こうとしたら、後ろからどうぞごゆっくり、、、フロントの女性は韓国人らしい。日本語は上手だが、とっさに出たんだなあ。微笑ましい光景。

 溝の口駅近くの定食屋。美味しくていつも客でいっぱい。ただ、ホール担当の奥さんが超無愛想。厨房の御主人の料理は超美味い。店の玄関ドアを開けると、「いらっしゃいませ」の自動音声。なのでひっきりなしに客が入るとチトウルサイ。でももっとうるさいことがある。帰るときドアを開けると「いらっしゃいませ」 要するに出たり入ったりするたびに「いらっしゃいませ」の自動音声。ご主人の料理は美味い。奥さん無愛想。店のドアはいつも「いらっしゃいませ」 これは聞いた話。

東照温泉入浴記

  • 2018年08月03日

 当地から一般道で今市、日光方面へ行くときに、右手に見える温泉。いつも素通り。何だか記憶に残る温泉だった。先ごろ今市で用事があり、数年ぶりに側を通った。日光東照宮に関係しているのかなと思った次第。

 というわけで、この暑い日に行ってみた。拙宅からは1時間弱か、、、4時ごろ着いたが、駐車場にはまあまあの台数。大人600円。土日等はもう少し高くなるようだ。遅くなると半額。入り口に「入れ墨の方お断り」と張り紙があり、また受付等至る所に貼ってあった。

 風呂は受付から歩いて数歩のところ。入浴客は大人が数人。更衣室で赤フンドシを締めている親父。粋だねえ。その後、スーツに着替えて出て行った。いろんな人がいるもんだ。風呂は小さくもないが、ひとつと外にある少し小高いところにある露天風呂。これが以外と大きかった。内湯より少し温度が低かった。

 風呂に若者。なんと左肩に「下がり藤」のような入れ墨。注意するほど私は野暮じゃない。他に二人の老人が入っていたが、気にならないようだ。逆にその若者が気の毒になった。一生後ろ指を指されるんじゃないかと、、、

 洗い場にはボディソープと、リンスインシャンプーの二つだけ。今流行りのいろんなものがあるような温泉とは違う。素朴なんだなあ。風呂は熱かった。でも慣れてくると心地よい。温泉はかけ流し。

 広い休息室。老夫婦、親子連れがいたなあ。女性が多かった。私は隣のロビーで新聞。受付へご近所らしき方々が入ってきた。地元民に愛される温泉とわかった。奇をてらう温泉ではなく、シンプルイズベストを実行しているようだ。

 また行ってみたい。写真を数枚撮ったが、写っていなかった。はてなんだろう。

高い珈琲

  • 2018年07月20日

 神楽坂にある先ごろ出来た「椿屋珈琲店」 先日暑いので入った。店の前にメニュー表がない。はて、何だろう。

 レトロな恰好をしたウエートレスに案内されて、椅子に座り、しばらくして水とメニュー表を持ってきた。メニュー表にはおススメのコーヒー980円が真っ先に載っていた。そういう特別なコーヒーはどなたかに飲んでもらい、貧乏性の私はもっと安いコーヒーを探した。ないのですよ。最低が980円。今更出るに出られず、おススメを注文。しばらくしてカップを持ってきて、続けてサイフォンを持ってきて、そこからコーヒーを注いだ。味の方は、、、、今神楽坂もコーヒー激戦区。味はどこも似たり寄ったり。そして安い。そんな雰囲気で入店したのだが、、、

 店内は客でいっぱい。知らないのは私だけか、、、代金を払い、店を出るときに、敬老会らしき一団の方6人くらいが入れ違いに入店。椅子に座り、メニュー表を見て驚くだろうなあ。それとも今の高齢者はお金持ちなので、私みたいにセコイことは言わないのかな。それなりの値段を取るのなら、せめてオシボリぐらいあってもバチは当たらないはず。

 もし、自信があるのなら、店の前に値段表を提示してほしいなあ。値段のない店というのは入りにくいものだ。

浅草ほうずき市

  • 2018年07月12日

 今年も快楽亭ブラック師匠からほうずきが届いた。義理堅いなあ。またありがたい。四万六千日お暑い盛りでございますといって落語にはいる「船徳」を思い出す。

 広島、愛媛、徳島、岡山等の被害にあった方たちをテレビで見ると、水が不足しているとのこと。そして暑さ対策。そして避難場所では熟睡できないとか、、、大変だと思う。当地も20年近く前、那須大災害があった。あの当時を思い出す。当地の比ではないな。月並みな表現だが、頑張ってほしい。そして行方不明の方たちも早く見つかってほしい。

 本来そのほうずきを籠ごと吊るして、その下に風鈴を飾るようだが、そのスペースがなく、籠に吊るした次第。

DSC_0506

DSC_0507

空気を読めっちゅうの!

  • 2018年07月11日

 都内在住の友人が、地元の友人を連れて、馴染みの食堂へ連れって行った時のこと。その食堂は大衆食堂で、今流行りの禁煙ではなく、喫煙可の店。

 その友人の友人はタバコ嫌い。店に入るなり、大きな声でタバコ臭いなあと、、、どうも禁煙の食堂と思ったらしい。店に居た客や従業員がシラーっとしてしまい、連れていた友人が赤っ恥をかいたとか。タバコ嫌いはいる。でもその店は愛煙家OKの店。だったらその店に入らねばいいのに、、、連れて行った友人もうっかりだったようだ。因みに私はタバコは吸わない。元々吸ったこともない。でも隣でタバコを吸っていてもイチイチ文句は云わない。それがもし禁煙スペースだったらいうかもしれないが、、、

 もう一つタバコではないが、人の話に割り込むのはよくないなあ。今、ある話題で盛り上がっているのに、突然関係ない話題をしゃべり出して、話に入ろうとする。野暮だねえ。こういう輩も空気が読めない。

傘盗人め!!

  • 2018年06月28日

 人間ドックへ行ってきた。雨なのでコンビニで買ったビニール傘持参。病院玄関に傘を入れるビニールと傘立て。ビニールへ一本ずつ入れて同じ場所へ2本保管。これならば、間違えることはないだろう。それに一本の傘には矢島歯科医院という千社札。もう一本の傘にはヤジマとマジックで持つところへ書いてある。さて、終わって玄関の傘立てを見たら、見事に一本、それもヤジマとカタカナで書いてある傘が無くなっていた。こりゃ確信犯だな。雨なので、選んで盗んだに違いない。家に戻ってヤジマという名前を見ても何も感じないだろうな。拙宅では花泥棒もいた。情けない。でも泥棒は感じてないだろう。

 さてさて、その人間ドックだが、ランチ付き。豪華な和食。それともう一つ、特典で院内のアスレチックが利用できる無料券。レストランの奥にそのアスレチックがあった。期限が人間ドックを受けた日だけ。それって不親切じゃないかしら。せめて一週間の内、一回だけならわかるが、ドック当日だけというのは、、、だって、最後はバリウムを飲んで、下剤をその場で飲まされて、もよおす前に昼食。そのあとは落ち着いてアスレチックなんて出来ないよ。